日本経済新聞から得られる投資顧問の情報と即時償却

投資顧問とは株など証券投資に関する専門的なアドバイスを施してくれる専門家のことを指します。株式や債券などを購入する際には株価の下落や、株を発行している会社の倒産などといったリスクが伴いますが、投資顧問からのアドバイスを参考にすることで有価証券に対する投資判断が自身で判断するより安全に行なえるようになるといったメリットがあります。株などの投資に対する専門的な助言を、投資顧問を介せば受けられると認識しておけば分かりやすいと言えるでしょう。
投資顧問に関する情報を得る手段は様々だと言えますが、日本経済新聞でも信頼性の高い投資顧問会社の紹介などを行なっているため、目を通すというのも悪くないでしょう。日本経済新聞は他社の新聞に比べて株や証券などといった投資に関する情報を多く扱っているといった特徴があります。日経平均株価の計算元としても日本経済新聞は有名なので、個人投資家として株などに投資を行ないたいのであれば有力な情報が得やすい新聞なのだと捉えておいて構わないでしょう。
そして日本経済新聞でも特集された、グリーン投資減税における即時償却とは何かというと、初年度に設備投資額分だけ減価償却により税金を一括で行うことができる制度のことだと言えます。即時償却のメリットとしては初年度に設備投資額を全て減価償却できるため、利益を減らせ法人税が少なくなります。つまり節税対策として活用できるということなのです。しかし即時償却には初年度こそ法人税の節税が図れますが、長い目でみると結局は通常の減価償却と同じ法人額をトータルで支払わなくてはいけないといったデメリットもあります。即時償却はどうしても単年度における法人税の節税を果たしたい際にのみ利用すべきだと言えるのです。